シーンを制作

ゲームのオブジェクトを包括したものがシーンです。
シーンはメインメニューの作成にも使われますし、各レベルをはじめ、その他あらゆるものに使用します。
個別のシーンファイルそれぞれをひとつのレベルだと考えてみましょう。
そこに環境要素を配置し、障害物を置き、装飾し、そうしてゲームを 1 ピースごとにデザインして組み立てていくのです。

Prefab のインスタンスを作成

ひとつ前の章では Prefab 作成の方法を説明しました。
Prefab についてはこちらで詳しく説明していますが、Prefab を作成したら、すぐ簡単に Prefab の分身を作ることができます。それをインスタンスと呼びます。
Prefab のインスタンスを作成するには、Prefab をプロジェクトビューから、ヒエラルキービューもしくはシーンビューにドラッグして持っていくだけです。
インスタンスが置けたら、もう調整を始められる状態になっています。

コンポーネントやスクリプトを追加する

Prefab やその他ゲームオブジェクトをハイライトしている時、コンポーネントを使って追加の機能を付与することができます。
各種コンポーネントについての詳細はコンポーネントリファレンスをご覧ください。
コンポーネントとは要素や成分や部品といったような意味で、スクリプトもコンポーネントの一種です。
コンポーネントを追加するには、ゲームオブジェクトをハイライトして、コンポーネントメニューから追加したいコンポーネントを選びます。
するとゲームオブジェクトのインスペクタービューにコンポーネントが表示されます。
スクリプトもコンポーネントメニューにデフォルトで含まれています。

コンポーネントを追加することでゲームオブジェクトと Prefab の紐付けが解除される場合は、メニューから GameObjectApply Changes to Prefab を選んで紐付けを復元することが可能です。

ゲームオブジェクトを配置する

ゲームオブジェクトをシーンに追加したら、トランスフォームツールを使って配置の調整を行います。
同時にインスペクタービューで移動の値や角度などを数値的に微調整することも可能です。
トランスフォームコンポーネントのページにゲームオブジェクトの配置や角度調整についての詳細があります。

カメラを操作する

カメラはゲームの目に相当します。
プレイ中にプレイヤーが見るものはすべてカメラを通しています。
配置し、回転し、親子階層の設定ができることは、カメラもほかのゲームオブジェクトも何ら変わりはありません。
カメラはつまり、カメラコンポーネントが添付されたゲームオブジェクトだからです。
ですからカメラは、ほかのゲームオブジェクトができるようなことは同様にできる上に、カメラ独自の機能も持っている、ということになります。
基本アセットパッケージには、新規プロジェクトを作成するうえで便利なカメラスクリプトが含まれていますので、メニューから ComponentsCamera-Control で使用してください。
そのほかにもカメラについて知っておくとよい事項がありますので、カメラコンポーネントのページをご覧ください。

ライトについて

ごく特別な場合を除いて、シーンには常にライト/光源が必要です。
ライトには 3種類あり、それぞれ少しずつ違った特徴を持っています。
ここで重要になってくるのは、ライトが与える雰囲気と空気感です。
ライティングを変えるだけでゲームの印象がガラリと変わりますし、ライトの使いどころを見極めることはとても重要な課題といえます。
各ライトについての詳細はライトコンポーネントのページで確認してください。